クリアケースの印刷について

クリアケースの印刷にはシルク印刷、オフセット印刷、グラビア印刷、
ホットスタンプ印刷など基本的には、紙器に使用する印刷の全てが行えます。
ジェーピーインクでは豊富な経験を活かし、最適な印刷方法をご提案します。

シルクスクリーン印刷

UVシルクのインキについて

UVシルクインキ(紫外線硬化型シルクスクリーン用インキ)は、
溶剤系の蒸発乾燥型インキと異なり、紫外線を照射する事により硬化し、
材料に密着するタイプのインキです。

特 徴

  • 細字の表現に優れている
  • 色、金色などのインキ中に金属粉や樹脂粉を混ぜるタイプのインキが苦手

溶剤シルクインキについて

溶剤系のシルク印刷インキは、インキ中の溶剤分を揮発させることによって、
乾燥するインキです。

特 徴

  • UVシルクで苦手とする、金色、銀色、パール色等が得意
  • 印刷直後は溶剤臭が残る事がある
  • 溶剤が揮発した分だけ、インキの濃度上がり、
    次第に色目が濃くなっていく傾向がある

UVオフセット印刷

紙箱で一般的な印刷と同じ方式です。

特 徴

  • 写真印刷や、アミの掛け合わせ等の印刷に優れている
  • シルク印刷やグラビア印刷に比べて数段良い印刷見当精度
  • 一度に4〜5色を印刷出来る為に、印刷見当が合わせ易く、納期が短縮出来る。

グラビア印刷

クリアケースのグラビア印刷は一般的ロール材料を使用した方法ではなく、
シート(枚葉)を使用した印刷になります。

特 徴

  • オフセット印刷に比べてインキの塗膜厚い為(インキがより厚く盛られる為)発色が良く、色の表現に優れている。
  • オフセット印刷に比べ、印刷時のロス枚数が少ない。
  • シルク印刷に比べ、印刷速度が早い為に印刷単価が安くなり、
    パッケージコストが低く抑えられる。
  • 金色、銀色、パール印刷に非常に適している。
  • 1色ずつ重ね刷りして行きますので、比較的納期が必要。
  • グラビアの版代はオフセット印刷に比べて高価であるために、
    リピート発注の少ない場合、1回当たりのロットが少ない場合には
    版代が償却しにくい。
  • 溶剤系のインキを使用する。

ホットスタンプ印刷

ホットスタンプは、紙器同様に色々な色目を選択出来ますが、
PP、PETの素材によってホットスタンプの接着剤の愛称により近似色から
選んで頂くことがあります。
樹脂性なため箔の密着が紙に比べて悪く、ピンホールや、カケが出やすい
傾向があります。
近年では表面デザインの表現方法の一つとしてエンボス加工も
可能となっています。

栗阿部長のココがポイント!

クリアケースのほとんどの場合はホットスタンプを除いて裏面に印刷しますぞ!
これは主にケース同士が擦れ合った際に、印刷を剥がしてしまうことを恐れることと、裏から印刷をすると、
ケース表面が樹脂の光沢がそのまま残されるため、
ケースがより美しく見える為なんじゃ。

クリアケース ピックアップ「こだわりのクリアケース」をご紹介します。一覧で見る

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • お手持ちのパッケージに満足してない
  • 店頭で目立つ商品が作りたい
  • リニューアルの方向性が決まらない
  • 今ままでとは違う表現を試したい
  • 初めての制作、失敗したくない
  • 商品を預けてすべてお任せしたい
上記に当てはまるお客様、ぜひジェーピーインクにおまかせ下さい。
上記に当てはまるお客様、ぜひジェーピーインクにおまかせ下さい。
ジェーピーインクでは経験豊富なディレクターが誠意を持ってご対応いたします。
お手持ちのデザインからのクリアパッケージ製造はもちろん、企画・デザインから納品までも承ります。
まずは、お気軽にお問い合わせください。
  • 大阪TEL:072-999-1413 東京TEL:03-5348-7216 (電話受付時間/平日9:00〜18:00)
  • 無料お問い合わせ・お見積り依頼
  • サービス提供全国対応
  • 大阪・東京をはじめ、全国どこでもスムーズなサービスをご提供します。
ページのトップへ