よくある質問

お客様からよくあるご質問・お悩みにお応えいたします。
こちらで解決できないご質問・お悩みがありましたら、「お問い合わせ」ください。

クリアケース関連

クリアケースとは? OPEN CLOSE
透明シートを素材に使ったパッケージです。
印刷、抜き、貼り等の豊富な加工が可能で、化粧品、トイレタリー、
文具や釣り具等の雑貨品などに幅広く用いられています。
最小ロットは? OPEN CLOSE
最小ロット数は設けておりません。1個から製造可能です。
サンプルも作れるの? OPEN CLOSE
制作可能です。CADがありますので実際のケースサンプルをお渡しして、材質、サイズ、
形状等のイメージをご注文前にご確認いただけます。
【お渡しできるもの】
・ケースサンプル・型図面
使用材料はなに? OPEN CLOSE
プラスチックの中にもPET、PP、PVC等があります。
また半透明や色付き、シボ入り等、用途に合わせたイメージをご提案致します。
印刷方法は? OPEN CLOSE
オフセット、シルク、グラビア、ホットスタンプ等、市場品の印刷、
ほぼすべてに対応しています。
用途に合わせたイメージをご提案致します。
罫線の種類は? OPEN CLOSE
罫線とはパッケージを折り曲げる際に使用する折りスジです。通常のトムソン罫線と、
非常に柔らかいソフト罫線があります。

真空成形(ブリスターパック)関連

真空成形とは? OPEN CLOSE
真空成形(ブリスターパック)には、直接台紙に接着を行うブリスターパック成形、
台紙をスライドさせて装填するスライドブリスター成形、成形品を2つ折りにして
商品(台紙)を全てカバーするクラムシェル成形、製品を固定させるための成形トレー、
それ以外にも様々な用途で使用していただいています。

サンプルも作れるの? OPEN CLOSE
制作可能です。CAD/CAMがありますので実際の3D画像をお渡しして材質、サイズ、
形状等のイメージをご注文前にご確認いただけます。
【お渡しできるもの】
・3D画像(一部の形状は作成できない場合があります。)・型図面
使用材料はなに? OPEN CLOSE
以前はPVCが多かったですが、最近ではPETが主流となっています。
また白色であれば、PS、PP等があります。用途にあった特色も手配可能ですが、
生産ロットが必要ですので事前にご相談ください。
納期は? OPEN CLOSE
ご注文いただいてから約1ヶ月を目安にしていただいています。
ジェーピーインクは自社で金型成形から製造まで一貫して行っています。
ご希望に応じて短納期でも製造可能です。
まずはご相談ください。

放電くんペーパー関連

放電くんとは? OPEN CLOSE
和紙がベースで、有機導電性繊維を練り込んだ静電気を除去できる紙です。
紙粉は出ますか? OPEN CLOSE
普通の和紙程度には紙粉が発生します。
クリーンルームなどでのご使用にはご注意頂き、ご使用の可否はお客様の判断でお願いします。
放電くんに表裏はありますか? OPEN CLOSE
効力的に表裏はございません。
使用期限(有効期限)はありますか? OPEN CLOSE
効力に期限はございません。すり切れるまでお使いいただけます。
使用上の注意点はありますか? OPEN CLOSE
静電気を取りたい対象物に触れる様、設置してください。
対象物に触れないと静電気を除去しませんのでご注意ください。
より効果的に静電気を取る方法はありますか? OPEN CLOSE
放電くんペーパーを出来るだけ広い面積で、長い時間対象物に触れる様にしてください。
また、設置する際に放電くんを機械の金属部分に接する様にすることで、より安定した静電気の除去が行えるようになります。

ブリスターパックシール機関連

ヒートシール方式、インパルスシール方式はいつ決めればいいですか? OPEN CLOSE
シール型を作成する際に決めていただきます。
ヒートシール型かインパルスシール型を決めて制作させて頂ければ、機械としてはどちらの方式でも対応可能です。
BPシリーズの機種番号の由来は? OPEN CLOSE
テーブル上に積載されるシール型の数量が機種番号になっております。
BP-02はテーブル上にシール型2面を、BP-4は円形テーブル上に4面を、
BP-6は円形テーブル上に6面のシール型を配置して生産を行います。
さらに面数の多いシール型をご希望の方は、特注仕様でBP-8やBP-10の製作も行えますので、まずはご相談ください。
BPシリーズの回転テーブルは全て自動回転ですか? OPEN CLOSE
違います。BP-02はテーブルが軽いので手で回してもそれ程負担にならない上、
機械コストを可能な限り下げる為に、手動でテーブルを回す仕様になっています。
BP-4以上の機種はサーボモーターまたはインデックスギア+ブレーキモーターによる自動回転テーブルの仕様になっています。
真空成形(ブリスターパック)と台紙と機械だけで接着出来ますか? OPEN CLOSE
真空成形と台紙を接着する為には、接着剤が必要です。
ブリスター台紙の表面に「ブリスターコート」と言われる接着剤のコーティング処理を行い、このコーティングを加熱して真空成形と台紙を接着します。
ブリスターコート剤にはどのような種類がありますか? OPEN CLOSE
ブリスターコート剤には、水性系と溶剤系の2種類があります。
印刷時に同時にブリスターコート剤を塗れますか? OPEN CLOSE
塗れません。水性系と溶剤系どちらのコート剤も乾燥に時間が掛かるものなので、印刷機で紙に印刷した後に、別の機械を使用してコーティング処理を行います。
ヒートシールの温度はどの位の温度で加熱するのですか? OPEN CLOSE
台紙と真空成形の組み合わせにもよりますが、130℃〜160℃の範囲で加熱しています。
ヒートシールの接着条件は何がありますか? OPEN CLOSE
一般的にはヒートシールの接着条件設定は、下記の3つの条件になります。
  • プレス温度(ヒーター温度)
  • プレス時間(加圧時間)
  • プレス圧力(加圧力)
インパルスシールの接着条件には何がありますか? OPEN CLOSE
インパルスシールのシール接着条件設定は下記の4つの条件になります。
  • インパルス通電電圧(スライダートランス設定値)
  • インパルス通電電流値(アンペアメーター表示値)
  • インパルス通電時間(タイマー設定通電時間)
  • プレス圧力(加圧力)

※「1」の電圧の設置の結果が「2」の電流値の表示になりますので、管理項目は「1」の電圧設置または「2」の電流値設定のいずれかになります。

初めての方へ

クリアパッケージのメリットって何? OPEN CLOSE
紙パッケージに比べて中の商品が見えるのでお客様に安心感を与えられます。
またクリアパッケージならではの立体的な形状や商品の見せ方は店頭での訴求力が強く、
売り上げ向上が期待できます。またむき出しの商品と比べると、パッケージが商品の保護カバーとなります。衝撃やほこり、よごれ、水に強く、高い耐久性を備え、どのような場所でも使用しやすいパッケージとして多くの商品に用いられています。
何から始めれば良いですか? OPEN CLOSE
パッケージ制作には、様々な行程があり、デザインを作っただけで完成とはいきません。
そのため、基本的には製造の基礎知識をつけてから制作や業者をお選びいただくことをおすすめします。
ジェーピーインクでは企画から製造まで把握しているクリアパッケージのプロフェッショナルが対応いたします。お客様のご要望や商品を元に最良なご提案をさせていただきます。まずはご相談ください。
どんな形のパッケージでも製作できるの? OPEN CLOSE
市場品で見かけるようなクリアパッケージであれば可能です。
お客様のご希望が特殊な形状でも、ご期待にそえるよう最大限の対応させていただきます。
まずはご相談ください。
ジェーピーインクって何がメインの会社なの? OPEN CLOSE
当社の基本は、クリアケースや真空成形(ブリスターパック)等の樹脂を使用した包装資材の販売をメインとする会社ですが、親会社が包装資材の製造とブリスター包装機の製造販売も行っていることから、製造機械や包装機械についてもご相談と、提案を行っています。
また、弊社では一般的には外注に委託する、機械の電気回路設計や、シーケンスソフトの設計を自社内で行っています。さらにそのノウハウを使用して後付けカメラ検査装置等の依頼も多く受けております。
お客様の製品について、包装資材だけでなく、製造から包装まで作ることも含めて全てご相談頂ける会社を目指し、日々精進しています。
ページのトップへ